きまぐれダラリ・極楽とんぼ

アクセスカウンタ

zoom RSS パクリ大国家

<<   作成日時 : 2012/10/25 14:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新日本製鉄がポスコを相手取り、当社の技術を盗んだとして東京高裁に訴訟に

持ち込んだ。

新日鉄とポスコでは長年に渡って、新日鉄の変電所用特殊金属の製造技術に

ついて争ってきたが、その明確な証拠や因果関係が今ひとつ曖昧であった。

ところが、最近中国でポスコ社員が同様に中国企業にこの技術を不正に持ち込

んだのを中国政府に検挙され、このポスコ社員が技術提供したのは元々ポスコ

の技術ではなくて、新日鉄の技術であると証言をしてしまった事から、その証言

が動かぬ証拠として、俄かに新日鉄側が訴訟の自信を深め、今回の訴訟に漕ぎ着

けた格好である。

この新日鉄の技術とは、同社で約40年近くに渡り技術改改良積み重ねで作り

上げた変電所用の特殊金属の製造技術である。

この技術を同社のOB4名に対して、ポスコ側で高額な報酬をチラつかす事で盗用

した形である。

しかし、ポスコ側はいつもの常套手段である、事実無根との主張で完全に争う

姿勢の模様だ。

元々、ポスコは終戦後の賠償の一環として日本側から技術や資材の提供を基に

して作られた鉄鋼メーカーである。

その様な歴史的背景からしてみれば、ポスコにとって新日鉄に足を向けて寝ら

れない位、本来なら恩義を持つべきメーカーであった筈である。

ところがやはり自らの国民性だけは隠せなかったのであろうか、恩義ある新日鉄

を完全に裏切ったのである。

今回の訴訟はかなり明確な証拠があるだけに、今後の推移が大変に興味深い。

いずれにせよ、韓国・中国のパクリはいつの時代になっても、また如何なる

構造段階に於いても、休む事無く繰り返しの歴史である。

何故なら、人の技術や著作権を盗む、コピーする様な行為に対しての罪悪感が

極めて低く、膨大な時間と金がかかるなら、多少の金を使ってでも人様のモノを

盗用する方が手っ取り早いと言った、我々からは想像もつかない様な価値観の

持ち主の為である。

kouro4


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パクリ大国家 きまぐれダラリ・極楽とんぼ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる